• お留守番

回り込み解除

回り込み解除

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回り込み解除

歩子はお留守番犬 である。

出かける時にマネがコングに詰めたフードを置い行く。
近くにはお気に入りのおもちゃ、カジカジ棒なんかを置いて。
おもちゃバスケットにはおもちゃが沢山入ってて自由に選べるようにもなっている。

でも歩子はフードを食べちゃったあと、位置を替えながら基本寝て過ごしているようだ。遊んだりした気配は何もない。
もちろん噛まれて困るようなもの、危険なもの(誤飲事故になるようなもの)は歩子の手の(脚の?)の届かないようにしてある。
んでも幼犬の頃から歩子はコード類やリモコン、携帯、パソコン関係等のモノは一切興味が無かった。
しかし最近、あることがブームになってしまったようだ。。。

歩子のターゲット、それは壁。
壁紙を剥がされたことはもっと仔犬の頃に何度かあった。でも最近はめっきりしてなかったんだよね。
それが。。。
壁紙が。。。

それと壁の下側にある幅木。
やられたぁ!
やられたぁ
あぁぁ、こんなに。。。

これは実は一度夜寝ている時に寝付けない?歩子がガリガリと始めた事があって、その時は 「イケない!」と注意してやめてくれたことがあった。
その後も2度ほどやろうとした時に「イケないよ」と首を横に振って言い聞かせたところ、それ以来していなかったのだ。

壁紙はどうせヤニで茶色くなっていたんでいずれ張り直せばイイヤと思っていた。
しかし、この幅木は。。。。 うぅーん、これって自分で直せるのか?

帰宅してから歩子の「お帰り~!お帰りったらお帰り~♪」の歓迎を受けながらざっと部屋を見回して何か異変はないかと確認した時に発見したこの幅木齧り痕。
あぁぁ!と思ったがワンコを叱る時は現行犯で無いと意味がない。
帰宅時のお帰りの儀式がすんで歩子がワタシから離れたころを見計らい、その時発見した風を装ってみた。
「あ! あぁ? だーれ? こんな事したの?」 と下に落ちた屑を拾いながら歩子を振り替えって見てみた。

お座りしてこっちを見てる。 あ、今、目そらした。

これは・・・絶対にわかってる!
絶対に 「歩子、イケない事した? かな?」と思ってる!

現行犯じゃないけどダメもとで言っておくか。。。

「歩子、これはダメ。これはイケない事」と首を横に振りながら 齧られた部分を指さしながら 静かに言って見る。
歩子が又目をそらした。
もうそれ以上は何も言わないで、黙って片づける。

そして歩子の目の前でビターアップル(舐めると苦いスプレー。)をシュッシュッシュッと拭きかける。
これ、よく犬には飼い主が塗ってる現場を見せないほうがいい、つまり飼い主がイヤな事をしてるとわからせない天罰方式を進めているけど、家では目の前でシュッシュッとして、
「これは噛んだり齧ったりしてはいけないものだよ」と教えてる。

犬を室内で飼うからにはある程度の覚悟は必要。 ソファーだって乳歯で穴がちょこちょこ開いてるし、クッションの角はナメナメ、ガジガジされてほころびてる。木の椅子はガリガリやられた。壁紙の1つや2つ、どうって事無い。
さほどびっくりするようなことではない。(人によるか? para家ではそのくらいどうってことない程度、になってるけど)
問題は歩子のストレスがこういった行動を引き起こすのでは、って事。

犬のストレスはお留守番が6時間以上になると強くなるらしい。
犬のQOL(Quality of Life)の観点からすると我が家は失格だ。 とはいえ、今それを変える事は出来ないのも現状。
歩子にはうちで頑張ってもらわなければならない。だからこれ以外のことでQOLをあげてストレスを感じないで生活出来るようにしてあげなくっちゃ。

この後、お留守番の最中にこの行動はまだ出ていない。
言いきかせが効いたか?

茶色のまつげ
茶色いまつげがチャームポイントの歩子。
スポンサーサイト

テーマ:柴犬
ジャンル:ペット

回り込み解除

ワタシが帰宅した時の歩子の「お帰りの儀式」

まずリビングのドアを開けるとワタシの脚の間を2回すり抜ける。
立ち上がって耳ペタンコでしゃがんだワタシの顔を舐めてくる。
座ったワタシの股間に顔を埋める。
そうしたら「ただいま~と」言いながら首を揉む。
次に「歩子はイイ子♪」 の歌を唄う。
「ぽ~こはイイ子♪ ぽぉ~こはイイ子♪ ぽぉぉ~~こはイイ子」 と繰り返すだけの歌(笑

これがなんでか非常に悲しげなメロディーなのだ。自分で勝手に音付けてるんだけど。
多分最初、落ち着かせるために静かーにささやいていたからかな?

これを唄いながら首をさすったり耳を揉んだりすると歩子がおとなしーく顔をくっ付けたまんまじーーーーーっとしてる。こんな風に
お帰りの儀式
大体2-3分位?
満足するとすっと離れて行く。これが又いきなり「歩子、もういい」って感じで離れるんだよね(苦笑

ここまで来るのに色んな段階を踏んできた。

最初の頃はそりゃもう興奮度が高くなっちゃって、ぴょんぴょん飛ぶは跳ねるわ。飛ばせないようにしゃがむと身体によじ登ってくるわ。
ワタシの手を噛みながら寝転がって犬キック。 落ち着くのにかなりかかった。
これが第1段階。

次は興奮を抑える為にお座りをさせて、おやつをあげた。
柔らかいものやクッキーなんかは一瞬で食べちゃうのでアキレス等のカミカミ出来るもの。それを持ってやりながら噛ませ、身体をさする。歩子、寝転がる。
すると徐々におやつを貰いたいのか? 興奮しながらも帰宅するとワタシの前で一生懸命座るようになった。
これが第2段階。

でもまだ興奮は激しくて、手は噛んできていた。
それが徐々にまず帰宅時に立ち上がってスリスリとして、次にその勢いのまま寝転がってさすれと要求。 そのさすってる手を噛もうとしてきたのが、噛んじゃいけない!でも噛みたい!何か噛みたい!なんでもいいからとその辺のおもちゃを噛みながら腹をさすられ恍惚~という状態に変化。
これが第3段階。

このあたりまではワタシがカギをカチャッと開けて玄関でクツを脱いでる時に既にリビングのドア前で 「政婦は見た!」 状態でガラスからじっとこちらを見ながら身体振り振りしてる歩子だった
時には「おぉーん、あぉ~ん」という文句も言いながら。

でも今年辺りからはカギを開けてもまだ寝てる状態が何度か。
リビングのドアを開ける時に起きたくせに「歩子、起きて待ってたよーん。」みたいなことも。

そしてこの 「歩子はイイ子」の歌の儀式が定着した。
今は帰宅したワタシの手を手当たり次第に噛むということは今はない。興奮度もそれほど高くはなっていないと思う。

だんだん大人になったんだなぁと実感。

きっとそのうち「ただいま~歩子!」って言っても立ち上がりもせず鼻先だけ向けて「あ、おかあしゃん。帰って来たの?」 って大人の柴の対応をされるようになっちゃうのかな?
それも悲しい・・・。

でも今はまだ喜びを表して耳ペッタンコにして目を細めてくれる歩子の「お帰りったらお帰り~~~」を全身で受け止めたい。
飼育書や巷では 「帰宅時、はしゃいでる犬を見てはいけません。目も合わせず声も掛けず落ち着くまで無視」 なんてあるけど、あんな風に全身で喜びを表してくれる犬をどうして無視なんて出来ようか。
あれこれと飼育書やマニュアルに振り回されちゃったワタシだけど(今でも?) これだけはしなかった。
「いつも帰ってくるよ。大丈夫だよ。頑張ったね。歩子は世田谷一、東京一、いや日本一良い子だよ」と毎日歩子に言ってる。

いつまで歩子は ワタシのこのヘンな「歩子はイイ子♪」の唄を聞いてくれるかな?
どうだろ?
どうだろ? 歩子わかんなーい。

回り込み解除

平日-10:00頃~19:00頃(時間 要、応相談)
休日-土日、祝日(その他、飼い主有給に準ずる)
オヤツ付き(コング1個分 朝支給)
休憩時間-有り(飼い主ベッド使用可)



歩子さん、只今休憩中。
そこまでリラックスしてイイの?

プロフィール

para

Author:para
柴娘 歩子(ポコ)の日記です。
2011/5/29 生まれ。♀柴犬。

お祭り娘、歩子との生活を綴っています。
ちょっぴり大人になった、かな?
リンクフリー、コメント残してくださると嬉しいです。

へなちょこランナーの日記から分家。


Instagram

いくつになったの?

歩子

Instagram

最新記事

最新コメント

リンク

カテゴリ

シンプルアーカイブ

PV

カウンター

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。